黒留袖レンタル

着物の良さ

ご縁があって、昨年から結婚式場でのお手伝いをさせてもらっています。仕事の内容は「アテンド」といって、結婚式&披露宴にご出席くださった皆様のご案内係という感じでしょうか。
新郎新婦様の華やかなお姿から醸し出される幸せ色のオーラを感じることのできる、とても素敵なお仕事です。

 

そんな中、いつも気になるのが、ご出席の皆様(女性)の服装。最近はずいぶんとカジュアルなお姿でご出席の方もいらっしゃいますが、特に着物の場合は、種類によって格の上下がはっきりと分かれるなど、洋装と違って決まりごとがたくさんあるので、僭越ながら、ご注意が必要かなと思います。でも、マナーをきっちりと押さえておけば、式場に着ていくだけで華やかさが生まれ、新郎新婦からも喜ばれますので、おすすめです。

 

一番格が高い礼装は、新郎新婦の母親や仲人夫人、姉妹、叔母など親族の既婚女性が着る「黒留袖」です。着物は紋の数で格が決まりますが、黒留袖は最も格が高い五つ紋です。黒留袖レンタルをご利用なさって、会場の衣装室で衣装室で着付けなさる方もよくお見受けいたします。
色留袖は黒留袖とほぼ同じ格があります。ミスの方でも着られます。合わせる小物類は黒留袖とほぼ同じです。
ミス、ミセスを問わず、幅広く着られるのが訪問着。一つ紋をつけると略礼装として着られます。
付け下げはミス、ミセスを問わず幅広く着られる点が訪問着と似ていますが、少し格が下がります。ただし、一つ紋をつけると略礼装として格が上がりますので、少しあらたまった場所にも来て行けます。

 

小紋はカジュアルな感覚の着物。江戸小紋なら、一つ紋をつけると略礼装として着られます。

 

振袖は、袖の長さによって大振袖、中振袖、小振袖があります。大振袖はミスの第一礼装。花嫁様がお色直しに着ることもあるので、色、柄などかぶらないように注意すること。迷ったときは、中振袖や訪問着にしておく方が無難でしょう。

 

中振袖は古典的な模様から現代感覚のものまでと様々。帯合わせや小物によって広範囲に着られます。小振袖は型友禅や小紋調のものが使われ、オシャレ着としても着られます。

 

振袖はどんなすてきなフォーマルドレスよりも華やかさがあります。独身の若い女性にはピッタリ。式場がとても華やかになり、両家の親族の方からもきっと喜ばれることでしょう。

 

これは私個人の感想ですが、着物姿の多い結婚式は、とても品があって、格式がありながら和やかな雰囲気があるような気がします。