黒留袖レンタル

季節の着物

季節によってどの着物を着ればいいのかチンプンカンプンですが、日本は春夏秋冬温度に合わせて生地もそれにあうようにして来ているんですよね。それをしょうかいしてみようと思います。
着物の種類は季節にあわせて、袷、単衣、夏物の3種類で、ゆかたを加えると全部で4種類あるんですって。

 


(袷)…春・秋・冬用の着物

着物を着る時期
1〜5月にかけてと10月から12月にかけて
まだまだ寒い時期で雪が降ってるころですよね。着物って着てみると寒い時期でも案外あったかいんですよね。ということで、着物および羽織には裏地がついているそうですのでお手に取ってお確かめくださいませ。シャツの上に羽織るものが欲しいなと思う時期に着ていただく着物になります。

 


(単衣)…初夏・初秋用の着物

着物を着る時期
5〜6月にかけてと9〜10月
このころの着物には裏地がついていません。だんだん暑くなってきますからね。いつまでも裏地はつけていられません。ムシムシになってもすぐには脱げないと思うので・・・たぶん。
そして、気温からいうとだいたい25度以上となっていて、ブラウス一枚で過ごせる時期になるそうですよ。ちょうどこの時期からお茶席なんかところどころで開催されていませんか?そんな時に気分を満喫するのに一度着物で出かけて行ったみたいもんですね。

 


(夏物盛夏用)

着物を着る時期
7〜8月
紗(しゃ)や絽(ろ)といった、メッシュ状の生地を使っているそうです。もちろん、裏地はついていません。ゆかたとは異なりセミフォーマルにも使える着物です。こんなきものをきた男性なんて見たことないから、着てあるいていたら、絶対、振り向かれること間違いなし・・・ですね。気温でいうと大体30度以上で半袖Tシャツ一枚で過ごせる時期がいいそうですよ。

 


(浴衣盛夏用)

着物を着る時期
7〜8月
温暖な所や温泉地や屋内では年中着用可能になります。裏地はもちろん、ついていません。浴衣の下にはじゅばんを着ませんよ。暑いですからね。洋服でいうとTシャツ感覚に近く、ラフな衣装にあたります。この浴衣はいろんな場面で着れますよ。海外で温かいところに旅行に行かれたある方の話ですが、たまたま持って行った浴衣をきていたら、そりゃ熱い視線がそこら中きてそれ以来癖になってるとか やっぱり日本人は着物がよく似合うのかなーって思っちゃいますよね。

 

 

季節の着物記事一覧

夏に最適な黒留袖

先日、会社の友人とランチをしているときに聞いた話。「今度、親戚の結婚式があるの。何を着ていこうか、すごく迷っていて・・・。お義母さんと義理のお姉さんは黒留袖で行くっていうんだけど、今の季節だから、絽の黒留袖なんだよね。私は普通のしか持ってないから・・・絽の黒留袖レンタルをお願いしようか、絽の訪問着な...

≫続きを読む