黒留袖レンタル

きものリフォーム

黒留袖って、親しい親族の結婚式にしか着られないから、本当に出番の少ない着物ですよね。
しかも、買うのも高いし、仕立て代も高いし、メンテナンスも高いし、保管にも気を使わなくちゃいけないし、着こなしも決まっているし・・・色々と難しいことが多い。

 

まあ、そんな風に難しいなあ、面倒くさいなあと思う方は黒留袖レンタルを利用してもらうとして。(今はネットでも黒留袖レンタルができるんですって、知ってましたか?便利な時代になりましたよね〜)

 

ご自宅の箪笥に、もう着ることのない黒留袖が眠っている方へ、朗報です。

「きものリフォーム」って聞いたことありますか?数年前からちらほらと聞かれるようになったからご存じの方も多いかもしれませんが、もう使わない、古くなったきものをほどいて、洋服や、タペストリーやクッションカバーなどに仕立て直すということです。
きものって、ほとんどが手縫いで仕立てられているので、割と簡単にほどけるんですよ。糸切り鋏と目打ちさえあれば、楽々です。

 

生地はほとんどの場合、表地も同裏も比翼も「正絹」(シルク)ですから、丁寧にほどいてやさしくアイロンを当てれば、肌触りの良い最高の生地が手に入るのです。手に乗せると柔らかく、肌当たりが優しくて、最高です!
後は、作りたい作品に合わせて生地を裁断。型紙を取ってきちんと裁断する方がきれいに仕上がります。黒留袖でしたら、黒無地の部分と柄や刺繍が入っている部分を効果的に配置すると、すごく見栄えのいい作品になると思います。

 

でも、今一つ柄が気に入らないんだよね・・・とか、柄のデザインが古くさくて好きになれない・・・という場合におすすめなのは、黒無地の部分だけを生かして、自分で刺繍やアップリケを入れること!刺繍は、刺繍枠を使ってきっちり丁寧に刺してくださいね。難しいことはないんです、チェーンステッチでイニシャルを入れるだけでもいいし、ワンポイント程度にかわいいモチーフを刺してもいいし。正絹の黒生地は本当に漆黒という言葉がぴったり、つやつやと輝くような風合いがあるので、そこに刺繍が乗ると、すごくおしゃれでキュートな感じに仕上がりますよ。

 

もしよかったら、ぜひやってみて下さいね〜!ほどいてしまうなんて・・・はさみで切り刻んでしまうなんて、もったいない・・・!なんて思わなくていいんです。箪笥の奥にずうっと仕舞いこんで存在を忘れ去られたままにしてしまうよりは、きもの自身もずっと喜んでくれるはずです。