黒留袖レンタル

男性の着物の用途、場面

女性の着物の用途・場面・特徴などお伝えしましたがどうでしょうか?少しはおやくにたてられたでしょうか?実際、着物の写真など載せられるとよくわかるかもしれませんが、そこは想像でお願いいたします。それでは、次に華やかな女性の着物と代わり男性の着物の用途場面特徴を紹介いたします。

 

紋付のけ着物と袴
 結婚式に親族側で出席される方が着られます。パーティーで接待される側が着るそうです。
 羽二重というツルっとした生地の着物と仙台平という縦縞の袴が特徴だそうです。5つ紋が入っているそうですね。着物は黒色が正式だそうです。

 

羽織と着物と袴
 結婚式にお客様側で出席されるかたが着られます。ドレスコードが指定された格式高いパーティーなど。羽織と着物に、袴を穿くとよりフォーマル度が高まりまるそうです。

 

羽織と着物
 披露宴にお客様側で出席される方。お茶会のお客様側が着ます。パーティー。歌舞伎鑑賞やコンサートなどのお出掛けに着られそうですよ。
 着物と羽織を組み合わた最も一般的な着方です。羽織と着物を同じ色の生地で組合せる場合と、異なる生地を組合せる場合があるそうです。

 

着流し(着物のみ羽織なし)
 結婚式二次会などのちょっと緊張がほぐれた場面で着られます。もちろん、カジュアルなパーティーなどでも着られますよ。会社の忘年会や新年会などで着て行ったらみんなから注目されるのは確実です。上司からもびっくりされるでしょう。京都の街歩き。紅葉狩りやお花見などのお出かけなどなど。お正月の家族でのお祝いに来て過ごせば一年一年の年の重みを感じ、また新しく始まる年へのうれしい予感で着ていただくのもいいですよね。それと、イベントの衣装に着ていただくのも結構だそうですよ。羽織を着ない着こなし方です。一種のクールビズで、よりカジュアルな着方となります。

 

ゆかた
 夏祭り、花火大会などでは、結構目にします。こういう時に着ておかないともったいない。花火に風情があるようにゆかたは夏だけしか着られませんからね。
温泉地でのお出掛けにも着て行ってみては?旅館のゆかたもいいですが、着れる場面があれば、ぜひきてみてほしいですね。他には、イベントの衣装。舞台衣装。カジュアルなパーティーなどです。
 無地の他、色柄が染められたゆかたもあるそうです。

 

以上、男性の着物の紹介となりましたが、意外と今まで考えつかなかった場面があってわたしも今更ながら、いえいえこれからもっと着物を着てみたいな〜と思いました。